クレメンタインの冬じたく

 ねこのクレメンタインはおしゃれが大好き。特に冬は身に付けるものが多いのでいっそう力が入ります。
 雪が降り出しそうな朝、クレメンタインはまずは暖かそうなスパッツ選びから始めます。43本のカラフルなスパッツが出番を待っています。スパッツを決めたらシャツを。こちらは20種類から。お次はジャンパースカート。16着持っています。次はメインの色どりになるセーターを。明るいレモン色にしてみました。ネックレスにも気を抜かないで。外へ出るからには靴下に手袋、マフラーも欠かせません。
 クレメンタインが選ぼうとしているアイテムが絵本の右ページにぎっしりと描き込まれています。読者もいっしょに探せるように。そういえばこういう趣向の絵本がほかにもあったような。「からすのパンやさんみたいだ!」その通りですね。食べることが何よりも好きな我が家の子どもたちが言い当てました。
 クレメンタインの洋服選びはまだ続きます。なにしろ冬のお出かけですもの。帽子、コート、ブーツもしっかりキメなければね。ブーツは67足の中から決めるんです。あ~うらやましい。
 遠い昔、わたしもたくさんの衣装を持っていました。冬だけでなく。衣装は毎日増えました。足りなくなったら買いにいくのです。文房具やさんへ。わたしの衣装は画用紙で作った着せ替え人形のものでしたから。擦り切れてきたら作り直して、すいぶん長い間遊んでいたのですが、いつのまにか人形も衣装も身のまわりから消えていました。
 クレメンタインと洋服選びをしながら、せっせと描いては切り抜いていた自分がいとおしく感じられました。夢見ることは続けてていいんだよと、クレメンタインが思い出させてくれました。

ケイト・スポーン 作 木坂涼 訳 セーラー出版 1,575円
(2009年 ’平成21年’ 2月18日 141回 杉原由美子)

プー横丁/TOP

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です