だいぶつさまのうんどうかい

 今年の運動会やマラソン大会はいかがでしたか? これといった思い出がないかたは、この絵本でバーチャル運動会をお楽しみください。参加者は仏さまばかりです。 亡くなったかた、という意味ではありませんよ。元気いっぱい走り回るや如来さまや観音菩薩さま、お地蔵さまたちがチームメイトになってくれます。 もちろん大仏さまも。心強いでしょ?
 版元さんから新刊案内がきたときはびっくりしました。だって、いつもどっしりと鎮座ましますあの大仏さまが、 かけっこや玉入れに参加できるとは思えなかったんですもの。で、一瞬のためらいがアダになって、初版本は配本されませんでした。 噂を聞きつけた大仏さまのファンが殺到したらしく、当店に2刷り本が到着したころには、運動会シーズンが終わっていました。バチが当たりました。
 まずは、筋骨隆々のふたごの仁王さまがリードしての準備体操。続いて、赤組と白組に分かれての運動会、最初の種目は玉入れです。 ここでは千手観音さまのいる白組が圧倒的な強さを見せました。次のパン食い競争では、すばしっこい狛犬たちが本領発揮、 障害物競走は小柄なお地蔵さまが断然トップ、という展開になり、大仏さまはなかなか活躍できません。 「もう、お寺にかえりたいです」とぼやき始めたのでしたが、最後の組み体操で、大仏さまならではの出番があったのでした。
 絵を担当した中川学さんは、イラストレーターでありながら、浄土宗のお坊さんでもあります。 仏さまと付き合ううち、その魅力に気づいて、子どもたちにも知ってほしいと思われました。例えば、大仏さまは、体が大きいことより、 修行を完成させ、悟りを得て、あらゆるものから自由になった存在、ということが大事なのですね。 絵本の中でも、悠々まったりとした存在感がとてもいいです。
 他の仏さまたちも、それぞれの持ち場で頑張りつつ、 人間みたいにちょっぴりワガママを言ったりして、親しみを感じさせてくれます。本のカバーに、分かりやすい仏像解説が載っています。 これを利用して、気の合いそうな仏さまを探してみませんか?

苅田澄子 文 中川学 絵 アリス館 1,512円  (2017年 ’平成29年’ 11月22日 239回 杉原由美子)

毎日新聞/Web   プー横丁/TOP

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です