ピカピカ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 24.jpg

 自転車のピカピカは、まだまだ走れるのに捨てられてしまいます。いよいよくず鉄か、というとき、ゆきちゃんに助けられ、 げんじいちゃんが修理してくれます。そして、げんじいちゃんは、ピカピカに「アフリカへ行かないか」と言ったのです。 ちょっぴり不安だったピカピカでしたが、アフリカに渡って、助産婦のモシャおばさんのお手伝いをすることになります。 車の通れない道を走り抜け、川はモシャおばさんが担いで渡ってくれました。そうして、 きょうも赤ちゃん誕生に立ち会うことができました。
 再生自転車を開発途上国に送る活動があります。10年余りの活動で、2万5千台以上が、保健婦さんや助産婦さんの手に渡りました。 ということを、私はこの絵本で知りました。 ピカピカたちは、「命を救う足」と呼ばれて、大切にされているそうです。 世界はひとつなんだなぁってことを、とても分かりやすく伝えてくれる本でした。 子どもたちにもぜひ読んでほしいと思ったので、ご紹介します。


たばたせいいち 作 偕成社 1,540円  (1999年 ’平成11年’ 9月27日 24回 杉原由美子)

プー横丁/TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

さっちゃんのまほうのて

次の記事

世界のともだち 韓国