みんな元気になる絵本(最新から)

2015年
わすれたって、いいんだよ

 るりのおばあちゃんは沖縄生まれです。るりの生まれるずっと前から、神奈川県で沖縄料理のお店を続けてきました。 「なんくるないさー」という名前の小さなお店には、おばあちゃんの作る沖縄料理を楽しみに、お客さんが来てくれます。 […]

続きを読む
2015年
ふしぎなともだち

 島の小学校に転校して来たゆうすけは、教室にふしぎな同級生がいることにびっくりしました。その同級生、やっくんは、自閉症と診断されている子どもです。 教室でじっと座っていることができません。先生とも、友だちとも、ちゃんと会 […]

続きを読む
2015年
ぼうさまになったからす

 2月末に亡くなられた児童文学作家の松谷みよ子さんは、絵本作品も多く遺されました。以前、この欄でご紹介した『こめんぶくあわんぶく』は美しい民話絵本、『わたしのいもうと』は、いじめられて不登校になり、ついにはろうそくの炎が […]

続きを読む
2015年
チキン・サンデー

 児童文学作家の松谷みよ子さんが亡くなられました。松谷さんは、赤ちゃん絵本から反戦文学まで、幅広いテーマの作品を遺されました。 私は、子ども時代にそれらの作品に出会うには遅すぎた年代かと思いますが、大人になって読んだにも […]

続きを読む
2015年
あたし、メラハファがほしいな

 私の住んでいる富山県射水市は、今年1月の統計結果によれば人口の約2%が外国人で、県下では最も高い比率となっています。確かに、よく外国人を見かけます。中でも目立つのは、イスラム系の人たちです。イスラム系の男性は濃い口ひげ […]

続きを読む
2014年(201~ )
ジャングルの王さま

 ウータンは、仲間たちと南の島のジャングルでのんびり暮らしています。手を伸ばせばいつでも果物を採って食べられるし、雨が降ったら葉っぱのかげに隠れていればいいし。中でも、ジャングルの真ん中にある「王さま」と呼ばれる木には、 […]

続きを読む
2014年(201~ )
どうぞのいす

 この絵本は、この季節になるとたまらなく懐かしくなって、どうしても読みたくなる1冊です。 うさぎのおじさんはもの作りが大好き。暇さえあれば何か作っています。今日こしらえたのは小さな木のいす。おじさんは、丘の上の大きな木の […]

続きを読む
2014年(201~ )
かぼちゃスープ

 かぼちゃは、どうやって食べたら一番おいしいか、いろいろなレシピを紹介してくれる絵本もありますが、 ここでご紹介する絵本には、「スープ」しか出てきません。あらかじめご了承ください。 ネコとアヒルとリスの3匹は、かぼちゃ畑 […]

続きを読む
2014年(201~ )
しごとば

 5年前に誕生した本です。発売と同時に幅広い年代の読者を獲得し、最近シリーズ5冊目も出ました。 この本には、さまざまな仕事に従事する人びとの仕事場と、そこで使う道具が正確無比に描き込んであります。1作目で紹介されているの […]

続きを読む
2014年(201~ )
海へいこうよ

 タミとアキは仲良し姉妹。夏のある日、お母さんがおつかいに出かけるやいなや、うちの中で世界旅行ごっこを始めました。地球儀を回して適当なところをつついて行き先を決めるのです。 この日の行き先はチベットと決まりました。 チベ […]

続きを読む