おうちに1冊あれば楽しい…

 毎日新聞北陸面(石川・福井・富山)に月1回連載中の記事です。1998年4月から始まって、311回まできました。家族で楽しめる絵本を選んでいます。

3月の絵本

すぐに書きます。

原作はペルシャ語です。遠い国で生まれた本です。ぼうけんというのは、戦火を逃れて安住の地を目ざす旅のことです。読むと、遠い国のお話ではないことがわかります。

2月の絵本

「すてきなひとりぼっち」の一平くん、
気づいてみたら「ぼくは、ういてる。」
誰も知らないと思っていましたが、
実はとっくに気づいている
クラスメイトがいたのでした。

1月の絵本

キューちゃんというのは、翁久允さん、
富山県生まれの国際派ジャーナリストです。
子どものころに薫陶をうけた室井滋さんが
敬愛の気持ちを絵本で表現しました。

12月の絵本

初詣でに神社へ行ったら、こまいぬにも声を
かけてやってください。「お役目ご苦労」って。
こまいぬは神社の警備を担当しているんです。
こうみえて、なかなかすばしっこくて
勇敢なんですよ。